TOEICの写真問題は「目立つもの以外」にも目を向けるべき【スタディサプリでTOEIC対策 レビュー】

4.5
TOEICの写真問題は「目立つもの以外」にも目を向けるべき【スタディサプリでTOEIC対策 3日目】TOEICの写真問題は「目立つもの以外」にも目を向けるべき【スタディサプリでTOEIC対策 3日目】 TOEIC対策

こんにちは、アユム [ @kot_book ] です。

TOEICの写真問題は、ついつい目立つ物や人に注目してしまいがちです。

しかし、実際の問題では「目立たない地味なところ」が出題されることがあります。

今回は、スタディサプリTOEIC対策で紹介されていた「解答のコツと見るべきポイント」が非常にわかりやすかったので取り上げたいと思います。

さて、人は誰しも目立つものに目が行きがちです。TOEICの写真問題でもそれは同じで、写真を見た瞬間に「この人の動作が解答になりそう」「ここにある本棚があやしい」などと勘をはたらかせるものです。

それが正解につながることもありますが、TOEICに関しては「目立たないもの」にも意識を向けておく必要があります。

この写真を見てください。男性と女性が自転車をこいでいる光景です。

TOEIC写真問題

これに対して、以下の4つの選択肢が読み上げられます。

  • A : Cars are moving in the same direction.
  • B : People are cycling along a river.
  • C : The man is standing by a curb.
  • D : Bicycles are casting shadows on a road.

正解は、D : Bicycles are casting shadows on a road. です。

cast on shadow on 〜 で「〜が影を落としている(影ができている)」という意味になります。

おそらく、誰もが「自転車に乗っている人がらみ」の解答を予想するでしょう。

しかし、実際のTOEICの問題では「影」が狙われることもあるわけです。

ここでのポイントは、繰り返しになりますが「目立たないもの」が狙われることもあるということです。

目立つものばかりが解答になるとは限らないですから、地味な箇所にも意識を向けておく必要があります。

とはいえ、この知識を知っているだけでもTOEICスコアUPには大いに役立つと思います。

ちなみに、スタサプの関正生先生いわく「写真問題では【影】が出題されやすい」とのこと。影の写真が出てきたら要注意です。

 

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

【7日間無料でお試し】
スタディサプリENGLISH ▶

大量の洋書を読んでるのに、書籍代が安いワケ [PR]

僕は毎月20冊ほど洋書を読んでいますが、書籍代はおよそ3,000円程度しかかかっていません。

その理由は、洋書の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

洋書はもちろん、雑誌やコミックも読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料でお試し】
Kindle Unlimited ▶
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
TOEIC対策 スタディサプリENGLISH
Ayumu

千葉県生まれ。書店員、Web制作会社、出版社での仕事を経てフリーライターに。2017年より株式会社ミシェルベース代表。

▶ 次の目標はTOEIC800点。スタディサプリENGLISHとオンライン英会話で学習してます。

▶ このブログでは英語学習、洋書多読について記事を書いています。読書ブログ「コトビー / KOTB」も運営中。

Ayumuをフォローする
コトビー ENGLISH

Comment

タイトルとURLをコピーしました