僕がオンライン英会話で毎回必ず同じ先生のレッスンを予約する理由

僕がオンライン英会話で毎回必ず同じ先生のレッスンを予約する理由 DMM英会話

こんにちは、アユム [ @kot_book ] です。

オンライン英会話は自分の好きな講師を選ぶことができますが、僕はなるべく同じ先生のレッスンを受けるようにしています。

なぜオンライン英会話で同じ講師のレッスンを予約するのか?その理由とメリットについてくわしく解説します。

ちなみに、僕はDMM英会話 を使っています。講師の評価が5段階の★で表示される仕組みで、人気講師が一目でわかるのが気に入っています。

▶【無料体験レッスン】DMM英会話を試してみる

オンライン英会話で同じ講師を予約する理由

【やる気が激増】「オンライン英会話が面倒」を一瞬で消して、モチベーションを上げる方法

僕は基本的に同じ講師を予約するようにしています。オンライン英会話で同じ講師を予約するのは、以下のようなメリットがあるからです。

  • ・講師を探す時間を短縮できる
  • ・自己紹介の余計な時間をカットできる
  • ・お互いのことを知ることで、深い会話ができる

講師を探す時間を短縮できる

DMM英会話では自分の希望する条件にチェックを入れて講師検索ができます。検索条件は以下のとおりです。

  • ・国籍(非ネイティブ、ネイティブ、日本人、その他)
  • ・性別
  • ・年齢
  • ・ビジネス英会話向け
  • ・講師歴3年以上
  • ・キッズ向け
  • ・初心者向け
  • ・上級者向け
  • ・スピーキングテスト対応
  • ・Let’s Go対応(Let’s Goという教材が使える講師)
  • ・英検対応
  • ・新人講師

これだけ多くの条件が選べるので、ある程度は好みに合わせて絞り込みがかけられます。

とはいえ、それでも大量の講師が検索にヒットするので、最終的にどの講師を予約するのか決めるのになかなか時間がかかります。

もちろん、こだわらなければいい話なのですが、僕は講師選びで失敗したくないタイプなので、どうしても時間がかかりがちです(決めるのに15分以上かかることも…)。

DMM英会話は1日1レッスンが基本なので、毎日いい先生を探そうとすると体力的にも時間的にツラくなってきます。

しかし、自分のお気に入り講師を見つけて固定してしまえば、選ぶ時間が不要になるので非常にラクです。講師さがしに使ってた時間を勉強に充てられると考えれば、講師を固定するメリットの大きさがよくわかると思います。

自己紹介の余計な時間をカットできる

英会話に限らず、初対面の人とは自己紹介するのがふつうです。オンライン英会話でも、漏れなく最初に簡単な自己紹介タイムがあります。

オンライン英会話をはじめたばかりのころは新鮮な気持ちで取り組めますが、慣れてくると自己紹介にも飽きてきます。言うことは同じなので、当然といえば当然です。

毎回違う講師を予約すると、毎回自己紹介タイムがありますから、それだけレッスン時間が割かれてしまいます。

DMM英会話では講師を予約するとき、以下の選択肢から「自己紹介の有無」を選ぶことができます。

  • ・レッスンに入る前にお互いの自己紹介の時間を設けてほしい
  • ・自己紹介なしで、すぐにレッスンに入ってほしい

自己紹介の余計な時間をカットできる

「自己紹介なし」にすれば余計な時間をカットできる…と思いきや、実際にはそうもいかないことが多いです。

僕も新規の講師を予約するときに「自己紹介なし」にチェックを入れたことがありますが、結局なんだかんだで少なからず自己紹介タイムがあります。

やっぱり、ある程度は相手のことを知っていないと円滑にレッスンが進められないのでしょう。ということで「新規の先生の場合、自己紹介タイム不可避説」が立証されると僕は思っています。

と、かなり細かい話になってしまいましたが、同じ先生で固定すれば余計な自己紹介タイムをカットできることがおわかりいただけると思います。

お互いのことを知ることで、深い会話ができる

初対面の人とは薄い会話しかできないものですが、関係性が深まれば会話の内容も変わってきます。

英会話でも、レッスン回数が重なるにつれて少しずつ会話の内容が深まるものです。

最初はお互いの自己紹介にはじまり、それがやがて趣味の話になり、さらには好きな本やアーティストに話になっていきます。

顔を合わせる回数が多ければ、それだけ仲も深まりますよね。同じ講師で固定したほうが、お互いの理解も早まるというわけです。

お気に入り講師を5〜10人は確保しておきたい

DMM英会話で良い講師を選ぼう

DMM英会話は講師の評価がひと目でわかる

なるべく同じ講師のレッスンを受けるのが理想ですが、現実的にはそうもいかないことが多々あります。

というのも、講師は自分の担任ではないので、予約が埋まってしまえばレッスンは受けられないからです。特に人気講師の場合、予約枠がすぐに埋まってしまうため、レッスンを受けたくても受けられないことがあります。

また、講師によってはレッスン自体をしばらく休むことがあるので、そうなると予約云々の話ではなくなります。一人の講師を予約し続けるのはむずかしいわけです。

ですから、できればお気に入りの講師を5〜10人は確保しておくのが理想です。実際、僕はDMM英会話でお気入り講師を10人以上登録してあります。

基本的には2〜3人の講師でレッスンを回すようにしていますが、予約が取れないときはそれ以外の講師を予約する感じです。

お気に入り講師を見つけるには、ひとまずレッスンを受けてみる必要があります。その中で、自分に合う先生を見つけていくことになります。

講師を探すなかで「この先生、いい!」というときもあれば「この人はちょっと…」ということもあります。

最初のうちは大変かもしれませんが、お気に入りの講師が安定してくるとラクにレッスンが受けられるようになってきます。

ちなみに、僕のおすすめ講師については以下の記事でも紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

【満足度が劇的に上がる】DMM英会話のおすすめ講師&良い講師を選ぶコツ
DMM英会話で良い講師&評価の高い講師を見つける方法をご紹介します。また、僕が実際にレッスンを受けてみて感じた「おすすめ講師」も紹介します。

同じ講師ばかりを予約するのはデメリットもある

ただし、同じ講師ばかりを予約することには以下のようなデメリットもあります。

  • ・話すことがなくなってくる
  • ・その講師の発音に慣れて、他の人の発音が苦手になる

どんな人であれ、よほど気が合わない限りは話題がなくなってきます。オンライン英会話の場合、教材を使ってレッスンをするのが基本なので、話すことがなくて気まずくなることはないでしょう。

ただ、同じ講師をずーっと選んでいると、新鮮味がなくなって飽きてくることがあります。

また、発音面でも弊害が生じることがあります。お気に入り講師の発音に慣れてしまうと、他の講師の発音が聞き取れないことが出てくる可能性があります。

たとえば、お気に入り講師の発音がアメリカ英語で聞き取りやすい場合、少しでも発音の悪いイギリス英語の話者だと聞き取りがむずかしくなります(厳密には”慣れ”の問題ですが)。

僕は基本的に同じ講師で固定して予約を取っていますが、デメリットもあることは覚えておいたほうがいいと思います。

DMM英会話なら、同じ講師の予約が簡単

僕はDMM英会話を使っていますが、同じ講師を予約するのは非常に簡単です。なぜなら、お気に入りに登録しておけば、お気に入り講師だけに絞って検索することもできるからです。

DMM英会話なら、同じ講師の予約が簡単

そもそも、DMM英会話はネイティブキャンプ などよりも操作しやすい画面になっているので、その点も僕は気に入っています。

DMM英会話は無料体験レッスンを受けられるので、まだ使ったことがない人はぜひ試してみてください。

▶【無料体験レッスン】DMM英会話を試してみる

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

スタディサプリENGLISHアイコン

僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

全部で3つのコースがあるので、自分の目的にピッタリのコースをお選びください。

スタディサプリENGLISHは3つのコースがあります

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DMM英会話 オンライン英会話
Ayumu

千葉県生まれ。書店員、Web制作会社、出版社での仕事を経てフリーライターに。2017年に法人化しました(1人でやってる会社です)。

▶ 次の目標はTOEIC800点。スタディサプリENGLISHとオンライン英会話で学習してます。

▶ このブログでは英語学習、おすすめの英語教材・英会話について記事を書いています。読書ブログ「コトビー / KOTB」も運営中。

Ayumuをフォローする
コトビー ENGLISH

Comment

タイトルとURLをコピーしました