Kindleで洋書を読みながら、英単語をちゃっかり効率的に覚える方法

スタディサプリENGLISHでipad 英語勉強法

こんにちは、アユム [ @kot_book ] です。

英単語を暗記するのが苦手な人には、洋書を使った英単語学習がおすすめです。

Kindleを使えば、洋書で効率的に英単語を覚えることができます。

実際に僕がやっている方法をくわしくご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、Kindleで洋書を読むなら、洋書が読み放題になるKindle Unlimitedが断然おすすめです。

30日間無料でKindle Unlimitedを試してみる

Kindleを読みながら、知らない単語にマークを付ける

Kindleには単語や行にマークを付けられる「ハイライト機能」というものがあります。蛍光ペンで線を引くイメージですね。

ハイライト機能は、KindleアプリやKindle Paperwhiteなどの専用端末でも使うことが可能です。

Kindleで洋書を読みながら「この単語、わからない」とか「知っているはずなのに意味が取れない」という英単語に対して、ハイライトで線を引いておきます。

じつはこのハイライト機能、ただマークを付けるだけの機能ではありません。ハイライトを引いた箇所は「マイノート」という、いわば自分だけのノートにまとめて保存されます。

つまり、ハイライトを次々と引いていくだけで、自分だけの英単語ノートが完成するのです。

マイノートは、画面右上の紙のマーク(下記画像の黒丸部分)をタップすることで起動できます。

Kindleマイノート機能

洋書1冊につき、マイノートが1冊ずつ使えるようになっているので、洋書ごとに自分の英単語リストを管理することができます。

単語と英文を色分けする

英単語を覚えるだけならいいのですが、洋書を読んでいると、意味が取れない文章や印象に残った英文が出てくると思います。

僕はなるべく意味が取れるレベルの洋書を読むようにしていますが、どうしても「ここだけ意味が取れない」という文に出くわすことがあります。一方で「この文章、素敵だなぁ」と思うこともあります。

そんなときにはすかさずハイライト機能でマークを付けておきます。ただし、Kindleのマイノートは線を引いた箇所がまとめて保存されてしまうため、あとで見返したときに「英単語」と「英文」がごちゃまぜになって見づらくなってしまいます。

そこで活用したいのが「色分け」です。

Kindleのハイライトは「赤」「黄」「青」「オレンジ」から自由な色を選ぶことができます(Kindle Paperwhiteなどの専用端末は1色のみ)。

Kindleの辞書機能

マイノートではどの色で線を引いたのかわかるようになっているので、英単語なのか英文なのかが一目で判別できます。

僕の場合、英単語は「赤」、英文は「黄」とルールを決めていて、あとで見返したときに視覚的にわかりやすくなるようにしています。

紙の本でこれをやろうとすると、色ペンを用意して、書くたびにペンを持ち替える必要があって面倒ですよね。でもKindleならタップするだけで色を切り替えられますから、作業の手間もほとんどかかりません。

【効果がスゴい】英語学習にKindleを使うべき3つの理由&おすすめの本
英語学習をKindleに一本化した僕が、Kindleを使って英語を勉強するメリットについてご紹介します。

Kindle内蔵の辞書で英単語の意味を調べる

ハイライトで単語に色を付けたあとは、その英単語の意味を調べましょう。

幸いなことに、Kindleには辞書が付いています。英単語をタップするだけで、小窓に意味が表示されるので非常に簡単です。

ここで英単語の意味を確認するだけでは覚えられないので、辞書で意味を調べたら、それをコピーしてメモを残しておきましょう。

流れとしては、

  • ① 英単語をタップして、辞書を開く
  • ② 辞書で意味を確認し、それをコピーする
  • ③ Kindleのメモ機能に、コピーした意味を貼り付ける

という感じになります。

Kindleの辞書はコピー&ペースが自由にできるので、わざわざ別で辞書を開いて手入力する必要はありません。

使いかたがよくわからないという人のために、画像つきで流れを解説しておきます。

① 英単語をタップしてマーカーを引く

Kindleの辞書機能

ここでは militia という単語の意味がわからないという前提で、その意味を調べていきます。

英単語(あるいは英文)を長押しすると、ハイライトが引けますので、好みの色を設定しましょう。

画面下には辞書が表示されています。抜粋からはコピーができないので、【辞書を開く】(画像では Go to dictionary )をタップします。

すると、次の画像のような辞書が開きます。

② 辞書を開いて、必要な箇所をコピーする

Kindleの辞書で意味をkPする

コピーしたい箇所を指でなぞって、ハイライトを引きます。すると複数の選択ボタンが表示されるので、その中から紙が重なっているマークをタップしてください。

タップすると「コピーしました」(画像では Copied )と表示されます。これでコピーは完了です。

③ それぞれの英単語メモに意味を貼り付ける

Kindleの辞書機能でメモを書く

本文に戻って、次はKindle内蔵のメモ機能を開きます。さきほどと同じように単語をタップすると、選択メニューが起動します。その中から、ペンとノートのマークをタップしてください(画像の黒丸のところ)。

すると、メモ機能が起動します。ここに、さきほど辞書でコピーした内容を貼り付けます。

これで各単語にそれぞれの意味を貼り付けることができました。

メモを貼り付けた内容は、マイノートに一覧で表示されます。あとは、この英単語アプリを使って単語帳を自作していきます。

単語リストを英単語アプリに貯めていく

洋書を読み終えたら、あらためてマイノートを見返してみましょう。そこには、未知の英単語や英文がしっかりまとまっているはずです。

続いて、Kindleにマイノートにストックした英単語を英単語アプリに移していきます。

知らない人のために説明しておくと、最近は自分で英単語帳が作れるアプリが豊富に揃っています。いわゆる「暗記カード」をスマホアプリの中に自作していくイメージですね。

これを使うことで、Kindleのマイノートに保存された英単語をもとに、自分だけの単語帳を作ることができます。

暗記アプリはいろいろありますが、以下の3つが個人的にはおすすめです(僕は Anki を使ってます)。

  • ・Anki
  • ・WordHolic
  • ・分散学習帳

Anki と 分散学習帳については、忘却曲線に基づいて効率的に復習ができる「分散学習」を取り入れています。一定期間を開けて復習を繰り返す事を分散学習は、英単語の記憶にはうってつけです。

基本的にはどのアプリでもかまいませんので、スマホにインストールしましょう。

ただし、個人的には Anki が一番おすすめです。なぜなら、Anki はパソコン版も利用できるから。

このあとくわしく説明しますが、英単語をスマホの暗記アプリに登録するのはけっこう骨が折れる作業です(手入力で1つずつ単語を登録するわけなので)。

しかし、パソコンから作業ができれば、コピペだけで暗記アプリに登録できるので、非常に効率的です。もちろんスマホでもコピペができますが、パソコンで作業したほうが楽だしスピードも早いです。

マイノートから自分だけの英単語帳を作っていく

マイノートから自分だけの英単語帳を作っていく

パソコンでKindleとAnki を開きます。あとは、マイノートを見ながら英単語を追加していくだけです。

今回はパソコンのほうが効率的ということでパソコンのやり方を説明しました。パソコンがない人は、スマホでも十分可能です。

その場合には、Kindleと単語アプリを交互に立ち上げて単語を登録していく感じになります。

Kindleで英単語を覚えるまでの流れ

少し説明が長くなってしまったので、あらためてKindleで英単語を覚える流れについてまとめておきます。

  • ① Kindleで覚えたい単語にハイライトを引く(お好みで色分けも)
  • ② Kindleの内蔵辞書で単語の意味を調べて、必要な箇所をコピーする
  • ③ メモ機能を使って、コピーした内容を貼り付ける
  • ④ マイノートに蓄積した英単語を、単語帳アプリに移していく

本当は辞書を使わない「洋書多読」がおすすめ

Kindleの洋書で英単語を覚える方法を紹介してきましたが、本来であれば意味を調べなくてもスラスラ読める洋書を読むのが理想です。

いわゆる「洋書多読」と呼ばれるものがそれにあたりますが、英単語の意味を逐一調べて洋書を読むと挫折しやすいですし、本の内容が頭に入ってきません。

そうなると、むしろ読書ではなく作業になってしまいます。

ですから、もし洋書で英単語学習を行うのであれば、知らない英単語の数が多すぎないように気をつける必要があります。

言い方を変えると、自分のレベルに合った洋書を選ぶことが重要ということです。

ちなみに、Kindleで洋書をさがすなら、圧倒的に Kindle Unlimitedという読み放題サービスがおすすめです。

むずかしめな洋書から、初心者向けの洋書まで幅広く揃っています。僕も、Kindleで洋書を読むときはKindle Unlimitedから選ぶことがほとんどです。

1ヶ月間は無料でお試しができるので、洋書を探している人はぜひ活用してみてください。

30日間無料でKindle Unlimitedを試してみる

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

スタディサプリENGLISHアイコン

僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

全部で3つのコースがあるので、自分の目的にピッタリのコースをお選びください。

スタディサプリENGLISHは3つのコースがあります

大量の洋書を読んでるのに、書籍代が安いワケ [PR]

僕は毎月20冊ほど洋書を読んでいますが、書籍代はおよそ3,000円程度しかかかっていません。

その理由は、洋書の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

洋書はもちろん、雑誌やコミックも読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料でお試し】
Kindle Unlimited ▶
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
英語勉強法
Ayumu

洋書多読と英語学習が好きなライターです。以前は書店員と出版社の仕事をしていました。2017年から㈱ミシェルベース代表。2013年から始めた読書ブログ「コトビー」は、おかげさまで累計読者が400万人を突破しました。年間100冊ほど本を読む読書好きです。趣味は「知らない街を散歩すること」

Ayumuをフォローする
コトビー ENGLISH

Comment

タイトルとURLをコピーしました