【超スピードUP】英語学習しながら「英字タイピング」を速攻で身につける3つの練習方法

【超スピードUP】英語学習しながら「英字タイピング」を速攻で身につける3つの練習方法 おすすめの英語教材

こんにちは、アユム [ @kot_book ] です。

パソコンを使うときに欠かせないタイピング。キーボードを打つ速度が早くなれば作業が非常に効率的になります。

日本語は得意でも、英語のタイピングは苦手という人は多いのではないでしょうか?

僕も日本語ではブラインドタッチができますが、英語は苦手でした。ただ、今回紹介する方法でタイピング練習をしたところ、劇的に英字タイピングのスピードがアップ。今となっては日本語と英語でほとんど変わらないくらいのレベルまで上達しました。

というわけで今回は、英語学習をしながら英字タイピングを上達させる3つの方法についてご紹介します。

スタディサプリENGLISHでタイピング練習

スマホ、タブレット、パソコンで使える

iPad と 外部キーボードを組み合わせて使うこともできる

最初は、僕が最もお世話になっている【スタディサプリENGLISH】から紹介します。

スタディサプリENGLISHは英会話上達やTOEICスコアアップを目的とした英語学習アプリで、スマホ一つで英語の4技能を伸ばすことができる、いわば”神アプリ”です。

そんなスタディサプリENGLISHでは「ディクテーション(書き取り)」というトレーニングがあります。これは、聞こえてきた英語の音声をそのままタイピングするというもの。

テキストも見ないで音声だけを頼りにタイピングするので、非常に負荷がかかりますが、英語力を伸ばすには効果抜群です。

このディクテーションはスマホでも使えますが、じつはパソコンからも利用可能です。スタディサプリENGLISHはスマホ、タブレット、パソコンとすべての端末に対応しています。

スタディサプリENGLISHはパソコンでも使える!キーボードでディクテーションが超ラクに【レビュー】
スタディサプリENGLISHはパソコンでも使うことができます。パソコン版だとキーボードが使えるので、ディクテーションが圧倒的にラクです。使用感など、使ってみた感想をレビューします。

だから、パソコンのキーボードでも使えますし、スマホやタブレットにBluetoothキーボードを接続してタイピングすることもできます(ちなみに僕は以下のキーボードを使ってます)。

実際、僕もこのスタディサプリENGLISHでディクテーションを何度もやってきましたが、回を重ねるごとに確実にタイピングのスピードがアップしました。

聞こえてきた音声をそのままタイピングするので、ゆっくり打っているヒマはありません。とにかく早く打つことが要求されるトレーニングなので、自然とタイピングスピードが上がります。

英語学習しながらタイピングの練習にもなるので、本当に素晴らしいアプリだと思います。

世の中には英語アプリがたくさんありますが、ここまでタイピング練習に適している英語アプリは他にありません。それくらい、満を持しておすすめしたいです。

ちなみに、スタディサプリENGLISHは3つのコースに分かれているので、学びたい英語に合わせて選ぶ事ができます。どのコースにもディクテーションのトレーニングがあるのでタイピングの練習が可能です。

スタディサプリENGLISHのタイピング画面はこんな感じ

パソコン版のディクテーション画面

パソコン版のディクテーション画面

僕はふだんパソコンでスタディサプリENGLISHをやっています。実際のディクテーション(書き取り)画面は上記のとおり。非常に見やすくシンプルなレイアウトなので、タイピングに集中できます。

ちなみに、ディクテーションはいきなり知らない文章を打つわけではありません。最初に問題演習をやって、本文と日本語訳を確認したあとにディクテーションのトレーニングとなります。

ディクテーションは何度も繰り返しやることができるので、タイピングだけをひたすら練習したい場合にも効果的です。

パソコンからやる場合、アプリのインストールは不要です。サイトURLにアクセスするだけで、すぐにスタディサプリENGLISHのトレーニングが開始できます。僕は外出先ではスマホ、自宅ではパソコンという感じで使い分けています。

スタディサプリENGLISHはパソコンでも使える!キーボードでディクテーションが超ラクに【レビュー】
スタディサプリENGLISHはパソコンでも使うことができます。パソコン版だとキーボードが使えるので、ディクテーションが圧倒的にラクです。使用感など、使ってみた感想をレビューします。

英文添削サービスでタイピングを伸ばす

【すぐに効果が出る】

続いて紹介するのが英語添削アイディー というサービスです。その名のとおり、自分で作った英文をプロの講師が添削してくれます。

日本人講師とネイティブ講師どちらも在籍しているので、自分の好きなほうを選べます。僕は半々くらいかな。

作成する英文は、自由英作文も可能ですが、アイディーがいろいろな課題テーマを用意してくれているので、それに沿って英作文をすることもできます。

日記、ビジネスメールといった身近な英文もあれば、以下のような少しアカデミックな課題もあります。

近年日本は出生率の低下に悩まされています。あなたが少子化担当大臣ならどのような対策を行いますか?英語で教えてください。(茨城大2007改)

以前、僕は「生まれ変わったらどんな有名人になりたいか?」というテーマで英作文しました。実際に添削してもらった結果が以下のとおりです。

良い講師の添削は丁寧で、やる気を上げてくれる

  • 【原文】I’d like to perform on stage in Madison Square Garden if I could.I would like to perform on stage at Madison Square Garden if it were possible.
  • 【添削】I’d I would like to perform on stage in at Madison Square Garden if I could.it were possible.

添削だけでなく、以下のような解説も一緒に提示してくれます。

  • ・伝わりやすく、とても良い文です!素晴らしいです。
  • ・in Madison Square Gardenでも伝わりますが、ピンポイントで場所を指定する場合はatがより自然です。
  • ・if I couldでももちろんばっちりですが、添削文では別の表現方法としてif it were possibleと致しました。wereになっているのは、1文目に出てきた「仮定法」のためですが、仮定法のif節の中ではbe動詞の過去形は基本的にwereを使います。ただし、近年はwasを使うネイティブもいらっしゃるようですので、生きた英語としてはwasを使っても伝わります(学校のテスト等ですと☓の可能性もあるのでご注意ください)。
  • ・would like to はもともと仮定法由来の表現「(もし可能だったら)~が好きなのですが(=したいなあ)」ですので、このままで文法もばっちりです。

このように英文添削によってライティングスキルを向上させられますし、英作文をするなかでタイピングスキルも向上します。

使ってみて僕が特に感じたのは、無味乾燥な英文よりも、自分の思いが込もっているからタイピングしてて楽しいということです。

タイピングの練習ってどうしても文字量が重視されやすく、特に内容のない英文をタイピングすることが多々あるんですよね。ただ、それだとやってて楽しいと思えないし、英作文スキルも向上しません。

その点、アイディーならどちらのスキルも向上できるし、やってて楽しいので長続きします。

なかなか英文を書く機会ってないですし、ましてやそれを添削してもらえる機会って少ないですよね。タイピングをやりつつ、英作文も書けるようになりたい!という人にはピッタリのサービスだと思います。

▶【無料お試し】英語添削アイディーを使ってみる
英語添削「idiy(アイディー)」で30日間英作文を添削してもらった結果…
こんにちは、アユム です。 英会話を学ぶための方法は非常にたくさんあります。 英会話教室はもちろん、DMM英会話などのオンラインもありますし、選択肢は豊富ですよね。 一方で、英語のライティング(英作文)となると、教材も少...

英作文の本でタイピング練習する

スタディサプリENGLISHやアイディーはWebサービスなので、人によってはハードルが高く感じるかもしれません。

その点、本であれば本屋でもAmazonでも買えるので非常に手軽です。

どんな本を選ぶかが問題ですが、僕としては以下の3冊をおすすめします。

  • ・『英作文が面白いほど書ける本』
  • ・『瞬間英作文』
  • ・『反訳トレーニング』

いずれの本もタイピング用に作られているわけではありませんが、英作文をする過程でタイピングをすることができるので余裕で使えます。パソコンで使うのであれば、メモアプリやWordを使ってタイピングすると良いでしょう。

このうち、特におすすめなのが『英作文が面白いほど書ける本』です。この本は1つの英作文に対して模範解答が2〜3つ付いてます。なので、多様な表現を知ることができて便利です。

瞬間英作文は短文を日本語から英語に訳すトレーニングなので、短い文を何個もタイピングすることになります。短いのでテンポよくタイピングするにはうってつけです。

反訳トレーニングは、日本語を英語に訳していきます。瞬間英作文とちがうのは文の長さと扱うトピックです。反訳トレーニングはニュース記事を使いますので、非常にバラエティに富んでいて楽しい話題が満載です。

英語ライティングの超おすすめ本!!『竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本』
英作文や英語ライティングを身につけたいなら『竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本』がおすすめ。大学受験だけでなく、社会人のビジネスメールや英検対策にも使えます。英語を書けるようになりたいならこの本で決まり。
【やり方も解説】「反訳トレーニング」は英語力アップに超効果的な本だった
本屋に行くたびに英語の参考書を買ってしまい、そのたびに後悔をする人は多いと思います。 僕もその一人なのですが、先日買った『高校生からはじめる「現代英語」即効!伊藤サムの反訳トレーニング』が非常に良くて、久々に「これはキタ…!」と思える...

英字タイピングの練習方法【まとめ】

一番おすすめなのが、スタディサプリENGLISHです。繰り返しタイピングするのに適していますし、パソコンさえあれば学習ができてしまうので圧倒的に便利。

実際、英語学習をしながら英語力が伸びているのも実感していますし、タイピング速度も向上しています。

なにを使うか迷っている人は、一度スタディサプリENGLISHを試してみてください。

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

スタディサプリENGLISHアイコン

僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

全部で3つのコースがあるので、自分の目的にピッタリのコースをお選びください。

スタディサプリENGLISHは3つのコースがあります

大量の洋書を読んでるのに、書籍代が安いワケ [PR]

僕は毎月20冊ほど洋書を読んでいますが、書籍代はおよそ3,000円程度しかかかっていません。

その理由は、洋書の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

洋書はもちろん、雑誌やコミックも読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料でお試し】
Kindle Unlimited ▶
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめの英語教材 ライティング Writing
Ayumu

千葉県生まれ。書店員、Web制作会社、出版社での仕事を経てフリーライターに。2017年に法人化しました(1人でやってる会社です)。

▶ 次の目標はTOEIC800点。スタディサプリENGLISHとオンライン英会話で学習してます。

▶ このブログでは英語学習、おすすめの英語教材・英会話について記事を書いています。読書ブログ「コトビー / KOTB」も運営中。

Ayumuをフォローする
コトビー ENGLISH

Comment

タイトルとURLをコピーしました