【英語のアウトプット】「話す、書く」ができる!おすすめの場所とアプリ6選

【英語のアウトプット】「話す、書く」ができる!おすすめの場所とアプリ6選 英語勉強法

英語をアウトプットする場所を見つけることは非常に大切です。

やっぱり独学で本ばかり読んでいても、英語は身につかないですからね。スポーツや筋トレと同じで、英語は使ってこそ伸びるスキルです。

とはいえ、日本国内で英語をアウトプットできる場所が少ないのも事実。

ということで、本当に効果が得られる、おすすめの英語アウトプット空間をご紹介します。

アウトプット場所① オンライン英会話

英語のアウトプット場所として、最も手軽でおすすめなのがオンライン英会話です。

スマホやパソコンから自由な時間にレッスンを予約できるため、忙しい人でも英語のアウトプット時間をつくることができます。

オンライン英会話はいろいろな会社が運営していますが、有名どころだと[DMM英会話]や[レアジョブ英会話]があります。

僕はDMM英会話をよくアウトプットの場所として使っています。24時間レッスン可能で、講師の指名ができるところが良いですね。

アウトプット場所② 通学型の英会話スクール

アウトプットの場所として、通学型のオンラインスクールもおすすめです。
オンライン英会話に比べると、

  • ・料金が高い
  • ・通うのが面倒
  • ・時間が取りづらい

という欠点はあるものの、講師と直接英会話のやりとりをすることは非常に効果的です。

オンラインとはちがって、直接話すときは間合いの取り方もちがいますし、ジェスチャーが通じやすいというメリットもあります。

通学型には大きくわけてマンツーマンレッスンとグループレッスンの2種類があります。

料金が安いのはグループレッスンですが、僕はマンツーマンレッスンがおすすめです。

【比較】英会話はグループレッスンよりも断然「マンツーマン」がおすすめ
英会話に通うときに「グループレッスン」か「マンツーマンレッスン」にするかで悩む人は多いと思います。グループにもマンツーマンにもメリット・デメリットがあります。それぞれを比較して、自分に合った英会話を見つける方法を解説!

アウトプット場所③ 英会話カフェ

英会話カフェというのは、まさしくカフェで英会話ができる場所のこと。ドリンク+グループレッスンという形態が基本です。

最大の特徴はその料金の安さ。ほとんどの英会話カフェが1時間500円〜1,000円でレッスンを受けられます。

基本的にはグループレッスンとなるので、アウトプットできる時間はやや短くなります。

でも、英会話カフェは予約が不要なお店がほとんどなので、時間ができたときにふらっと行けるメリットがあります。

また、初心者向けの英会話カフェも多いので、まだまだ英語が話せない人のアウトプット場所としても十分に活用できるでしょう。

アウトプット場所④ 英会話のチャットアプリ

アウトプットは、なにも英語をしゃべることだけではありません。たとえば、LINEのようにテキストメッセージで英語を使うことも、立派なアウトプットです。

とはいえ、外国人の友だちがいないと、アプリでチャットすることはできません。

チャットで気軽に英語をアウトプットしたい人におすすめなのが、英会話チャットアプリです。

いわゆるテキストメッセージで講師とやりとりができます。たとえばチャット英会話エイゴーというアプリは、まさにLINEを使っているような感覚で、英語のやりとりができます。

英会話でのアウトプットも大切ですが、英語のライティングスキルをアップさせるという意味ではチャットアプリの効果は絶大です。

実際に僕も使いましたが、返信もスグに来ますし、なにより自分のペースで英語をアウトプットできるので気持ちがすごいラクです。

アウトプット場所⑤ 自分1人でアウトプットが完結する英語アプリ

英会話もチャットアプリもちょっと苦手という人は、自分1人でアウトプットが完結するアプリがおすすめです。

具体的には、自分の発音を聴き取って判定してくれる英語アプリになります。

たとえばDuolingoReal英会話などのスマホアプリは、発音を聴き取って◯☓判定してくれる機能があります。

これさえあれば、相手がいなくても自分の発音をチェックできるので、アウトプットとしては非常に手軽です。

初心者でアウトプットしたいけど、発音に自信がないという人は、まず英語のスマホアプリを使ってアウトプットしてみるのがおすすめです。

アウトプット場所⑥ 街ナカで外国人に話しかける

最後は一番ハードルが高いけど、一番実践的で効果が得られる「街ナカで外国人に声を掛ける」という方法です。

最近は訪日外国人が増えているので、街ナカで英語を耳にする機会が増えましたよね(特に多いのは中国語ですが)。

とはいえ、なにもない街ナカでいきなり外国人に話しかけるのはむずかしいですし、話しかけられた相手も警戒すると思います。

なので、やはり定番ともいえる「観光スポット」で話しかけるのが良いでしょう。東京であれば浅草や銀座で様子をうかがいながら、話しかけられそうな外国人をさがしてみましょう。

困っている雰囲気の人を見つけたら、 Would you like some help? (なにかお手伝いしましょうか?)と声をかけます。

そもそも英語が話せないアジア系の人も多いので注意が必要ですが、果敢に英語で話しかけることで、非常に効果の高いアウトプット体験が得られるはずです。

最もおすすめするのはオンライン英会話とチャット英会話アプリ

ここまで6種類の英語アウトプット法をお伝えしましたが、僕が実際に経験したなかでいうと、オンライン英会話とチャット英会話アプリがおすすめです。

なぜか?その理由は以下の2つに集約されます。

  • ①料金が安い
  • ②自分のペースで受講できる

英会話は質も大事ですが、それ以上に量をこなすことが大切です。

つまり、高いお金で少ない回数のアウトプットするよりも、安いお金が大量のアウトプットをしたほうが断然効果が得られるということです。

オンライン英会話とチャット英会話アプリは「安い料金で大量のアウトプット」を実現しています。

また、仕事や勉強に忙しい人にとって、スキマ時間を有効活用できるのはオンライン英会話やチャット英会話の大きなメリットだと思います。

アウトプットする場所はオンラインやアプリを活用することで気軽におこなえます。あれこれ考えるよりも、まずは行動に移してみましょう。

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

【7日間無料でお試し】
スタディサプリENGLISH ▶

大量の洋書を読んでるのに、書籍代が安いワケ [PR]

僕は毎月20冊ほど洋書を読んでいますが、書籍代はおよそ3,000円程度しかかかっていません。

その理由は、洋書の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

洋書はもちろん、雑誌やコミックも読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料でお試し】
Kindle Unlimited ▶
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
英語勉強法
Ayumu

千葉県生まれ。書店員、Web制作会社、出版社での仕事を経てフリーライターに。2017年より株式会社ミシェルベース代表。

▶ 次の目標はTOEIC800点。スタディサプリENGLISHとオンライン英会話で学習してます。

▶ このブログでは英語学習、洋書多読について記事を書いています。読書ブログ「コトビー / KOTB」も運営中。

Ayumuをフォローする
コトビー ENGLISH

Comment

タイトルとURLをコピーしました