【couldの使い方】「〜できた」でcouldは使えない!正しい表現とは?

英作文の即興力 英文法・英語フレーズ

【could】について、学校では「〜できた」という訳で習ったと思います。

しかし、実際にはcanの単純な過去形として「〜できた」とcouldを使うことはできません。

ここではcouldの使い方についてくわしく見ていきましょう。

Let’s take a closer look at “could”.

【couldの使い方①】(過去の一定期間に)「〜する能力があった」

couldは過去の一定期間(たとえば子どものとき)に何かをする能力があったことを表します。

  • When I was a child, I could run the fastest in my class.
  • 子どものころ、わたしはクラスで1番早く走ることができた

あくまでも過去の一定期間の能力をあらわすことに注意が必要です。たとえば、以下のような文でcouldを使うのは誤りとなります。

  • Yesterday, I could buy(☓) my favorite chocolate at the grocery store.
  • 昨日、わたしは食料品店でお気に入りのチョコレートを買うことができた

もし単純に過去にできたことを表現したいのであれば、could buyではなく【was able to buy】を使いましょう。

【couldの使い方②】丁寧な依頼や提案「〜していただけますか?」

2つめは、couldを使った丁寧な依頼・提案表現です。
たとえば、相手が言ったことが聴き取れないとき、こんなふうに聞き返すことができます。

  • Could you say that again?
  • もう一度言っていただけますか?

また、丁寧な提案をするときにcouldが使われることもあります。

  • We could take a rest for a while.
  • しばらく休憩を取りませんか

【couldの使い方③】可能性をあらわす「〜かもしれない」

可能性をあらわすときにもcouldが使われることがあります。
「ありえる」ことを表すことができます。

  • He could come to today’s class.
  • 彼は今日の授業に来るかもしれない

couldはcanの過去形という覚え方をしていると、正しく文章をつくる(あるいは訳す)ことができません。

couldがどの訳にあたるのかは繰り返し英語に触れる中で身につくと思うので、継続した学習がやはり不可欠ですね。

僕が使う「圧倒的にコスパの良い」オンライン英会話

僕がネイティブキャンプで英会話をする理由
オンライン英会話はたくさんありますが、僕はDMM英会話を4年以上愛用しています。

他のオンライン英会話よりも圧倒的にコスパが良く、教材も講師も質が良いので非常に満足度が高いです。

無料体験ができるので、オンライン英会話を考えている人はぜひ使ってみてください。

【無料体験】
DMM英会話を試す ▶

DMM英会話
1レッスン25分
無料期間2回分の無料体験レッスン
月額料金【スタンダードプラン】
毎日1レッスン 6,480円
毎日2レッスン 10,780円
毎日3レッスン 15,180円
【ネイティブプラン】
毎日1レッスン 15,800円
毎日2レッスン 31,200円
毎日3レッスン 45,100円
教材数21
カランメソッド
TOEIC対策
英検対策
講師の国籍132カ国以上
日本人講師
講師の評価ユーザーによる5段階評価
レッスン
可能時間
24時間

▶【無料体験レッスン】DMM英会話を試してみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
英文法・英語フレーズ
Ayumu

千葉県出身。本と英語学習が生活の中心です。
書店員と出版社の仕事を経験した後、2017年に独立。1人でのんびり仕事してます。英語学習は音読とシャドーイングがメイン。洋書多読もやってます。年間の読書量は100冊ほどです。おかげさまで、読書ブログ「コトビー」は累計読者数が400万人を突破しました。

Ayumuをフォローする
コトビー ENGLISH

Comment

タイトルとURLをコピーしました