Ankiアプリでカードの1日あたりの出題上限数を変更する方法

Ankiのアプリアイコン 英語アプリ

Ankiでアプリを使い始めてしばらく経つと、単語の登録数が増えてきます。

単語が増えてくると、「1日あたりの上限数が少なくて困る」という問題にブチ当たるはずです。

そんなときは、設定を変更して上限数を増やしましょう。やり方をくわしく説明します。

Ankiの上限数を増やす方法

iPhoneの画面で説明しますので、Androidの人は画面の仕様が違うかもしれません。

Ankiアプリを立ち上げると、最初にデッキ一覧が表示されると思います(僕は「英単語」というデッキ1つしか登録してません)。

Ankiのデッキ画面

まずは上限数を変更したいデッキをタップしてください。すると、単語が表示されますので、右下の歯車⚙マークをタップします。

Ankiの設定変更

すると、オプションの選択肢がいろいろ出てきますので、【Study Options】をタップします。

Ankiのオプションを変える

すると、【Max new per day】(1日の上限数)という項目がありますので、ここを好きな数字に変更してください。
Ankiのカード上限数を変える方法

ここで設定した数字が1日あたりの上限になります。

「単語を200件登録してるのに、1日100件しか出題されなくて困る」という人は200件以上に設定すれば、出題数を増やすことができます。

僕はとりあえず500に設定していますが、今後登録数が増えてきたらもっと数を変更していくつもりです。

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

スタディサプリENGLISHアイコン

僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

全部で3つのコースがあるので、自分の目的にピッタリのコースをお選びください。

スタディサプリENGLISHは3つのコースがあります

大量の洋書を読んでるのに、書籍代が安いワケ [PR]

僕は毎月20冊ほど洋書を読んでいますが、書籍代はおよそ3,000円程度しかかかっていません。

その理由は、洋書の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

洋書はもちろん、雑誌やコミックも読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料でお試し】
Kindle Unlimited ▶
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
英語アプリ
Ayumu

千葉県生まれ。書店員、Web制作会社、出版社での仕事を経てフリーライターに。2017年に法人化しました(1人でやってる会社です)。

▶ 次の目標はTOEIC800点。スタディサプリENGLISHとオンライン英会話で学習してます。

▶ このブログでは英語学習、おすすめの英語教材・英会話について記事を書いています。読書ブログ「コトビー / KOTB」も運営中。

Ayumuをフォローする
コトビー ENGLISH
タイトルとURLをコピーしました