【今日の英語】助動詞 could で「可能性」や「願望」を表現する方法

【今日の英語】助動詞 could をどう使い分けるか?意味を正確に理解する 毎日の英語学習記録
  • 【2020/06/06 今日の英語学習記録】
  • ・English Grammar in Use  Unit 26〜30
  • ・瞬間英作文アプリ 36〜40
  • ・Polyglotsで音読
  • 学習時間合計:2時間33分

今日の最大のトピックは、なんといっても助動詞。特にcouldには苦戦させられた。
couldは一般的にcanの過去形で「〜できた」と訳されることが多い。
でも、実際の会話ではcouldをcanの過去形で使うことは少ないらしい。
実際にはいろいろな意味を持っているので、「could = 〜できた」で覚えていると、会話はもちろん英語の文章も正確には読めないだろう。
というか、English Grammar in Useを読んで初めて知る用法が多すぎる。ここに来て、これまで受けてきた学校の授業は何だったんだろう?と思わずにいられない。日本の英語教育にますます不信感が募る…。
肝心のcouldについてだけど、用法がたくさんある。今日は特に「現実味のない可能性」についてまとめておく。
English Grammar in Useには could の用法として以下のような説明がある。

We also use could (not can) for actions that are not realistic.

これはつまり、realistic ではないときの行動を表すときに could が使えるということ。

  • For example,
  • ▪ I’m so tired. I could sleep for a week.
  • ▪ This is a wonderful place. I could stay here forever.

どららも現実的にありえない可能性(願望)ついての述べている。
もしこれを「〜できた」という意味で訳そうとしても、意味不明な文になってしまう。
もう一つ、could have についてもなかなか理解するのがむずかしい。

  • ▪ Why did you stay at a hotel? You could have stayed with me.
  • ▪ David was lucky. He could have hurt himself when he fell, but he’s OK.

どちらも、実際には起きなかったことを could have で表現している。日本語で訳すなら「〜すればよかったのに」「〜かもしれなかった」という感じだろうか。
さらに他にも could で悩まされる英文がある。

  • ▪ It couldn’t be better.

これを見た瞬間、多くの人が否定文で訳すと思う。
たしかに、could not で可能性を否定しているんだけど、そのあとに better がある点に注意したい。
つまり、【better より良い状態はない = 最高、絶好調】という意味になる。
この表現は日常会話でもけっこう使われていて、How are you? と聞かれて、 It couldn’t be better. と答える感じ。
これまで洋書とかを読むときに could が出てくると途端に意味がつかめなくなってたんだけど、English Grammar in Useを読んでその理由がはっきりした。
could を簡単に理解することは不可能だ。こればかりは反復して何度も解説を読み、なおかつcould を使って自分でいろんな英文を作ってみるしかないと思う。
could を使いこなせるようになれば、英語で表現できる幅がグッと広がると思うので、身につける価値は大いにあるはず。というか、could から逃げずにがんばるしかない。
今日は自分で決めてスケジュール通りに英語の勉強ができたのでいい気分。眠くなったり集中力が切れたら場所を変える。これだけで学習効率が格段にアップしたと思う。
]]>

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

スタディサプリENGLISHアイコン

僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

全部で3つのコースがあるので、自分の目的にピッタリのコースをお選びください。

スタディサプリENGLISHは3つのコースがあります

大量の洋書を読んでるのに、書籍代が安いワケ [PR]

僕は毎月20冊ほど洋書を読んでいますが、書籍代はおよそ3,000円程度しかかかっていません。

その理由は、洋書の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

洋書はもちろん、雑誌やコミックも読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料でお試し】
Kindle Unlimited ▶
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
毎日の英語学習記録
Ayumu

千葉県生まれ。書店員、Web制作会社、出版社での仕事を経てフリーライターに。2017年に法人化しました(1人でやってる会社です)。

▶ 次の目標はTOEIC800点。スタディサプリENGLISHとオンライン英会話で学習してます。

▶ このブログでは英語学習、おすすめの英語教材・英会話について記事を書いています。読書ブログ「コトビー / KOTB」も運営中。

Ayumuをフォローする
コトビー ENGLISH
タイトルとURLをコピーしました